<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Selected Entries
Recommend
成功の9ステップ
成功の9ステップ (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
ただただすごいです。
私の人生最大の先生です。
LOVE&FREE―世界の路上に落ちていた言葉
LOVE&FREE―世界の路上に落ちていた言葉 (JUGEMレビュー »)
高橋 歩
稲妻が体を走り抜けました!
人生は
 「出会い」
この一言に尽きます!!
7つの習慣―成功には原則があった!
7つの習慣―成功には原則があった! (JUGEMレビュー »)
スティーブン・R. コヴィー,ジェームス スキナー
「人生が変わります。」
「人生を楽しめます。」
「人生をコントロールできます。」
この本を読み出して、日々の生活が楽しくなりました。
一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法 (JUGEMレビュー »)
熊谷正寿
25年目の人生に大きな変化をもたらした一冊。
手帳は夢、そして宝です。
Categories
Archives
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




author: スポンサードリンク
category: -
comment: 0件
trackback: 0件
パニック症完治に導く2つの行動
パニック症を完治させるため、薬に頼らず行うにはどうしたらいいか

自分で考えて見ました!

その結果、2つの行動を今年からとり、順調に完治に向かっています。

その2つの行動を紹介したいと思います。

「週に3回以上運動をする。」

パニック症の大敵は「疲れ」を感じることと考えました。

しかし、医師からは運動を止められました。皆さんそうだと思います。

薬を使わない私は何かよいことをしなければなりませんでした。

よって、この行動にチャレンジしました!

正直言って最初はかなりしんどかったです。

しかし、少しずつ体力が上がってくるのを感じると

だんだん楽になってくるのが体全体で感じることができました!

私はジムに通ってこの行動を行っています。運動は主に、

「ヨガ」、「水泳」、「ルームランナー」、「ウェイトトレーニング」

「フットサル」などです。

中でも「ヨガ」「水泳」はかなりいいと思います!

「ヨガ」は自立神経と会話して、体をリラックスする運動で、

まさに自律神経失調症(パニック症)にはとてもよいトレーニング

になります。

「水泳」は心拍数を鍛えられます。これによって、呼吸が楽になり、

酸素を多く感じることができます。

この運動のおかげで、パニック(酸素を感じない)が急速に少なく

なりました楽しい


「日常のストレスを開放する」

先ほども言いましたが、疲れを感じてはいけません。

特にストレスによってなってしまう病気なので、

治療中にストレスを感じては、一向によくならないと思います。

私がこれに対してやっている事は2つあります。

 「自分の夢中になれる趣味を持ち、週に1回以上それをやる」

  これはおそらく医師からも言われていると思います。

  私もこれが原因で患ってしまったと思います。

  私の趣味は多数ありますが、共通点は運動です。

  よって上記の「運動する」という行動がこの行動目標に

  当てはまっています。
 

 「精神を開放する。」

  最近ストレスを感じるのも己の選択だと思うようになりました。
  
  会社が大変だから、上司がうるさいから、といった他人のせいに
  
  することが今までは多かったです。特に発病した去年は、
  
  誰と会ってもそんなことを言っていたように思います。
  
  言われた人は面倒くさかったでしょうね。すみませんでしたムニョムニョ
  
  しかし、今年からは違います。
  
  紹介しましたが、私のバイブル書の
  
  「7つの習慣」
  
  を読んでから変わりました。
  
  第一の習慣:「主体性を持つこと」
  
   自分の悪い状況を周りの環境のせいにするのではなく、
  
   自分自身の内面から変えるべきである。
  
  ということです。
  
  全ての人は自由を持っていて、自分の行った選択の結果、
  
  今の自分があるのです。

  かのガンジーもこんなことを言ってます。

  「あなたの許可なくして、誰もあなたを傷つけることはできない。」
  
  つまり、私の今は自分の責任で取った行動によってあるのです。
  
  例えば、去年仕事が本当にたくさんありました。
  
  それを自分ひとりで抱えていました。上司から言われたからです。
  
  それを受けて私は自分でやるという選択をしてしまいました。
  
  「私じゃできません。」と言う選択しもあったでしょう。
  
  「私ではここまでしかできないので、誰かできる人に助けてもらい
  
   たいです。」と言う選択しもあったと思います。
   
  しかし、私は言われたからやらなければいけないと、勝手に選択し、
  
  そして、「上司、会社が悪い」などと言って、日々そのストレスを
  
  感じ、生活した結果がこの状況です。


  しかし、「主体性を持つ」習慣を持って行動すると
  
  どうなるのでしょうか?
  
  「自分の行動に自信が持てます!」
  
  今やっている行動は自分がこうしよう!と選択した行動だ!
  
  よし、この行動をがんばろう!
  
  何をやるにもモチベーションが格段に違います。
  
  また、私はこの選択をする要素持っています。
  
  それは、「夢」です。
  
  行う行動は夢への道に沿っているのか?を考えてから
  
  選択しています。

  会社の定時がもうすぐだ!自分の今日の分の仕事は片付けたぞ!
  
  明日の準備をしてから帰ろう!
  
  こんな時に「今からこれをやって!」と頼まれごとをされたことは
  
  ありませんか?
  
  あなたはどのように選択しますか?
  
  「はぁ〜。。今からですか〜。。わかりました。。」
  
  とそのまま受け入れて嫌々やりますか?
  
  「はい!任せて下さい!」とその仕事に対して快く受け入れますか?
  
  「もう定時近いですよ!無理です」と断りますか?
  
  私の選択は、まず「依頼事項ががいつまでか」を聞きます。
  
  そうすると、実は大抵「明日でもいいよ。」という返事が帰って
  
  きます。
  
  そうすれば、快く引き受けて、しっかり定時に帰って、
  
  会社外の自分のやりたいことができます。
  
  しかし、「ごめん。これ7時までにやってもらえないかな?」
  
  と言われることがあります。
  
  その私の答えは、その日の予定にもよりますが、十中八九
  
  「任せて下さい!がんばりましょう!」と答えるでしょう。
  
  それは、私の夢(目標)に、「自分の力を必要としている人を
  
  自分の力で助けたい。」というものがあるからです。
  
  よって、その夢(目標)に向けて、ストレスを感じることなく、
  
  夢実現へ一生懸命行動できます。
  
  しかし、例えばその日が、彼女の誕生日で予定があったとします。
  
  あなたならどう選択しますか?
  
  私は何とか両方できるようにあがいてみます。
  
  正直に帰らなければいけない理由を説明します。
  
  それでもだめなら、要件を聞き、他に頼める人がいないか探します。
  
  はたまた、残りの時間で手伝える範囲で手伝います。
  
  彼女が一番。仕事が一番。と夢に一番を持ってしまって
  
  いるとどうでしょうか?
  
  彼女が一番だからといって、すぐに仕事を断るでしょう。
  
  仕事が一番だからといって、彼女を不幸せにしてしまうでしょう。
  
  にも書きましたが、私は夢に6つのグループを持っています。
  
  選択するときは、その全ての要素を考えてから
  
  行うようにしています。
  

  このような、「主体性を持った行動」の結果はどうでしょうか?
  
  私は日常の生活に驚くほどストレスを感じなくなりました。
  
  自分の行動に後悔がまったくなくなりました。
  
  「精神が開放」されました。

  
 これらの結果、週に3回以上運動をして、体を鍛えることで、

 パニックを起こしにくくなりました。

 日常のストレスを開放を行うために、精神を鍛え、

 精神を開放することで、ストレスを感じなくなりました。

 
 これらの2つの習慣が今の病気の完治の飛躍に

 著しい貢献を遂げているのだと思います。



author: lifewave
category: パニック症
comment: 0件
trackback: 1件
スポンサーサイト



author: スポンサードリンク
category: -
comment: 0件
trackback: 0件
comments









trackback
[自律神経失調症ってどういう病気]
私たちの体は、気温の変化や精神的ストレスなど外からの刺激に対して、体内の状態を一定に保とうとする働き(ホメオスタシス)があります。この働きを担うのが「自律神経」で、内臓や血管の収縮・拡張、ホルモン分泌など、すべての器官を調整しています。 自律神経には、
author: 大アマゾン川
date: 2008/05/08 21:31
←前のページ 次のページ→
Powered by JUGEM
Google




Status
Recent Comments
Recent Trackback
Links
Search
P R
INTRO
■Amazon
いつもここで本を買ってます!
配達が早くて便利です!
■ 楽天トラベル
思い立ったら旅に出てみませんか!
海外航空券オープニングキャンペーン